白銀のFrozen Nights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工作室検証
20070124.gif


ハバナにて、商用大型スクーナー☆3(工作室)が作れるようになったと聞き、早速作ってきました。
この工作室というのは以前にも紹介したとおり、洋上で縫製、鋳造、工芸の各生産を行うと、大成功確率がアップするというすばらしい性能のパーツでして、私のように洋上生産を生業としている者にとっては是非とも常用したい船であります。

さて、この工作室付きの船に乗ってベルベを織り始めてからまだ2日しか経っていませんが、大成功率の検証結果を載せてみたいと思います。

比較データは、2006年11月10日~2007年1月22日までの、工作室付き船に乗る前の約2か月分のデータと、2007年1月23日~2007年1月25日までの常時工作室船に載ってベルベを織ってみた際のデータです。

データ検証に際しては、ミィプさん製作の大航海記録を使用させていただきました。




■2006年11月10日~2007年1月22日

<<ししゅう糸>>
生産回数:30934回
総生産数:155774本
1回あたり:平均5.03本生産
1回で4本生産できた回数 5966回 19.286%
1回で5本生産できた回数 17898回 57.858%
1回で6本生産できた回数(大成功) 7070回 22.855%

<<ベルベット>>
生産回数:149972回
総生産数:334694枚
1回あたり:平均2.23枚生産
1回で2枚生産できた回数 115222回 76.829%
1回で3枚生産できた回数(大成功) 34750回 23.170%


■2007年1月23日~2007年1月25日

<<ししゅう糸>>
生産回数:833回
総生産数:4341本
1回あたり:平均5.21本生産
1回で4本生産できた回数 131回 15.726%
1回で5本生産できた回数 395回 47.418%
1回で6本生産できた回数(大成功) 307回 36.854%

<<ベルベット>>
生産回数:4345回
総生産数:10243枚
1回あたり:平均2.35枚生産
1回で2枚生産できた回数 2792回 64.257%
1回で3枚生産できた回数(大成功) 1553回 35.742%




2006年11月10日~2007年1月22日のデータに関しては、生産中に副官育成のため主計長以外の担当を任せていたことも多々あったので若干大成功率の割合が低いですが、2007年1月23日~2007年1月25日のデータは常時主計長S100の副官で織っていました。
主計長S100常時同行の状態で生産を行うと、大成功率が25%ほどで固定になりますので、上記データにて大成功率が35%前後出ているところをみると、どうやら工作室の効果は大成功率+10%なのではと予想されます。

ただ、ちょっとまだ工作室のデータが少ないので、さらに1ヶ月ほどデータを集めて後日再度検証してみたいと思います。
スポンサーサイト
マスリでのハンザ活用法
造船カテ(仕入発注書)稼ぎをする際、私はカテ3とカテ4がよく出るロット4が欲しいので、モザンかザンジまで出張して、ローズウッド製アラビアンガレーを作っています。
しかし、モザンやザンジで出るロット4は、1枚あたり20万ドゥカートの買い物をしなければならないため若干割高でして、また、ヨーロッパから遠いため、行くのが面倒です。
カテ3や4にこだわらなければ、アドリア海に面した街ラグーザで造船するともらえるロット9がとてもおいしく、すべてのカテがバランスよく取得できる上に、ロット自体1枚あたり15万ドゥカートの買い物でもらえます。さらに、通常はあまりよいアイテムが出ないはずれ枠の一つが、ロット9では「ハンザ同盟印」が出るように設定されているので、ロットでお金稼ぎを考えるならばラグーザで高額な船を作るのが一番お手ごろであると思います。

ただ、最近このハンザ同盟印が各地のバザーやら商館ショップでだぶつき傾向でありまして、昔は1個5万で飛ぶように売れていたハンザも、今となっては4万でも売れるかどうかという状況になっています。

さて、このハンザ、使いようによっては、値切りふっかけを駆使するすべての商人にとって非常に強力なアイテムになりまして、実際どんな使い方をするのか、私が日ごろ行っているベルベ交易にて説明させていただきます。

大海戦終了
大海戦に参加された皆様、本当におつかれであります!そしてフランスの皆さん、僅差ではありますが強敵伊英連合軍を上回っての勝利おめでとうございます。
やはり、フランスは日ごろから模擬を主催していたり、各国の軍人さんとも交流して腕を磨いている方も多いそうで、なんというか、強くなる一方ですな(;´Д`)
私もあの模擬というのに混ざってみたいと思いつつも、もうレベルが違いすぎて近くで観戦するぐらいしかできません。大航海時代終了までに、一度ぐらい参加してみたいものですが・・。
紆余曲折
20070121.gif


クリームソーダさんにいただいた資金アイテムを元に、ここまで成長しました!ありがとうクリームソーダさん!

というわけで、ひきつづきエウロス視察の旅継続中です。
このキャラクターの育成にはかなり苦労しまして、本来マスリパタム視察のためにイングランドキャラを作ったにもかかわらず、作った直後にマスリパタムの旗がイングランドからイスパニアに塗り換わってしまったため、またイングランドに旗が戻るまで縫製以外のことに手を出そうとおもったのが運の尽き。
鉱物商になってロンドバ交易にチャレンジするも、1往復2万3万Dしか儲からず断念。冒険しようと思って生物学者になるも、クエがまったく出ず匙を投げる。ならば海事にチャレンジしようと、商用ピンネにのってベルゲン周辺のフリュートに挑むも、あれだけ弱いと思っていたフリュート艦隊に返り討ちにあって泣きながら帰ってくる始末。
ここでクリームソーダさんにいただいたお金の実に4分の3が消えておりまして、ほんとに何をやったらいいのかわからなくなってしまいました。

しかし、ここで天の助け。

ロンドンで開錠上げ艦隊の募集シャウトがあったので、一目散に発掘家に転職しなおし、一緒についていくことになりました。
このときに知り合った冒険者の方とその後も2人で開錠上げに向かうことができ、美術探索開錠名声がモリモリ上がり、その後もソロで難易度の高いクエができるようになりまして、やっと突破口が見つかりました。

後々のクリッパーも見据えて、とりあえず冒険レベルを18まで上げ、次はお金稼ぎをするために武器商人に転職を試みました。
武器商人は海事Lvが18必要なので、どこか北海以外によさげなところはないかと探していると、トリポリからベンガジにかけてガレーがウヨウヨ浮いているのを発見。
このガレーは頭から突っ込んでくる単純なAI仕様の敵なので、えらく簡単にクリを狙えまして、フリュート艦隊に比べるとすごい楽;;
全滅させると1戦あたり100~150も経験値がもらえるので、サクサクとLv18まで到達できました。
で、無事武器商人になってなにをするのかというと、もちろん造船カテ稼ぎであります。
その前に資金稼ぎとして、報酬にカテ3がたくさんもらえる商人クエストを何回かこなし、これをリスボンで売り払ってなんとか1千万調達してきて、いよいよ造船開始です。
最初はベイルートでダウをちびちび作り、R5ぐらいまで育ったら今度はラグーザでオーク製輸送用大型ガレーの製作です。
ここでどんどん高額の船を作り、カテがたまったらリスボンで売るの繰り返しでお金がたまっていき、なんとか3千万Dまで貯めることに成功!で、トップの写真に至ります。

このほかにも、ジャカルタで羽毛を作ろうとインドまで行くも、東南アジア勅命クエを受けられずにパニックになったり(なんでも、東南アジア以外の全部の入港許可証をもらってないと勅命クエ受けられないとか・・どこかに注意書きぐらい書いておいてほしかった;;)戦術家になろうと、戦術グッズを集めてクエこなすも、転職には海事Lv28いることを知らなかったので転職できず途方にくれてしまったりと、あいかわらずの脳みそスカスカっぷりを見せ付けております。果たして無事にマスリでベルベを織れるようになるのかどうか・・。

次は生物!
考古学者に転職してからだいぶたちますが、最近はもう造船カテ稼ぎなんぞやる暇がないぐらい冒険ばかりしていました。
このゲームをやるようになってからというもの、文化遺産の番組をみるようになったり、塩野七生の本を読み出したり、世界地図が手放せなくなったり、以前ならまったく興味がなかった世界史の分野に関心を持ちはじめておりまして、何かクエで知らない遺跡や美術品などを発見するたびに、本を漁ったりインターネットで検索をかけたりしてワイワイ楽しんでおります。

さて、昔は私も専業冒険家だったとはいえ、今の重要クエをこなすにはいろいろとスキルランクが足りません。特に開錠はランクが5という中途半端な数字でして、なんとか6まで引き上げて東地中海のおいしいクエストをやれるようになりたいと思っていたところ、商会員の綸子さんが手伝ってくれることになり、2人で1日中開錠上げをしていました。

200701171.gif


無事開錠が6になったあとは、商会の冒険ツアーコンダクターのドミノさんがいろいろな名所に案内をしてくれるとの事で、みんなで東地中海の大物クエをガツガツこなしてました。

200701172.gif


200701173.gif


やはり冒険ってのは気心知れたみんなで行くのが楽しいですな(*´∇`*)
このまま東地中海でがんばり、考古学と開錠を上げたら次は生物にチャレンジしたいと思います。
異変
Notosサーバーでは相変わらず冒険生活を満喫し、フローズンでのお金稼ぎも順調な今日この頃ですが、Eurosに作ったキャラクターにちと異変が・・。
Eurosでも、インドの各生糸産出港は、旧三国でそれぞれ平穏に住み分けができておりまして、マスリパタムはイングランドが領有していましたので、私はイングランドキャラを作って育てておりました。
しかしながら今週、このマスリパタムにおいてかなり激しい投資戦が行われまして、現在カルカッタ・マスリパタム・ポンディシェリの3港をすべてイスパニアが領有する事態に至っています。しかも、かなりイングランドの旗色が悪い・・。

不思議なもので、このサーバーではイスパニア国粋主義者の私も、Eurosではイングランド人。このような事態にいたってしまうと

やりやがったイスパニア!許すまじ!ヽ(`Д´)ノ

と思ってしまいますw我ながら非常に都合がいい・・(-_-;)

Eurosイングランドってのは何故かNotosイスパニアと雰囲気が似てまして、国別掲示板ってのがいまだに生存していて書き込みが多く、投資戦の際は国民みんなでお祭り騒ぎになり、何事も、冷静に計画を立てて隠密行動するというよりは、本能の赴くままみんなで気勢を上げてワイワイ行うという感じがします。

今回のマスリ襲撃の件でちょっとゾッとしたことは、やはりマスリというか縫製っていうのは閉鎖的で特殊な分野でして、縫製やらない人たちにとってはマスリなぞあってもなくてもどっちでもいいわけです。
Eurosでも、マスリなんかにお金出すならほかの港に投資したほうがいいのではという意見が結構あって、おそらくNotosでも何かあったらこんな感じになるのではないかと・・。
私も紡績商として、もっと宣伝活動とか支援活動がんばらないといけないなぁと感じる今日この頃であります。特に最近は1からキャラを育てるだけあって、支援のありがたみが骨身に染みてますwEurosの紡績商の皆様お世話になっております m(_ _)m
縫製も入ってる・・
大航海時代online商人系専用スレ22を見ていたら気になる書き込みが・・。





商大ガレオン★2 Z鯖トルヒーヨ
工作室(管理7)

工作室・・・洋上での縫製、鋳造、工芸生産の
      成功率が上昇する

今ちょっとやってみたけど銅板で大成功が77/200だった
名匠大砲の値段下がるかも・・




洋上での縫製、鋳造、工芸生産の成功率が上昇する


こ、これは!(゚Д゚;)
商用大型スクーナー
とうとうメインキャラを「考古学者」に転職させまして、ここ数日は商会の皆さんと冒険三昧の日々を送っておりました。
手に汗握る国益プレイもいいですが、やはりきままな冒険生活もとても楽しいものです。もう1年半以上お金稼ぎばかりやってきたので、久々に冒険やってみると、このゲームを始めたばかりの頃の、世界を駆け巡って実際に存在する美術品や発掘品、遺跡などを発見したときの感動が思い出されてきて感慨無量であります。

さて、この冒険者に転職してからの出来事も書ききれないほどあるのですが、まずは転職前の大仕事「商用大型スクーナー」に関して。
この船は商会員のVAIさんが熱心に部品を集めていて、そのついでに私の分のパーツまでわざわざ作ってきてくれたので、それならば私の分も作ってしまおう!とのことで、VAIさんと2人でハバナへ行って作ってきました。

巷では、Lv40台中盤で乗れる、クリッパーまでのつなぎの船として紹介されているようですが、とんでもない話です(゚Д゚;)
とにかくこの船、パーツ集めの難易度もさることながら制作費が激高です。まず、普通にパーツを露天やショップで集めると全部で10M(1千万)ドゥカートほどかかりますが、これをもってハバナで造船しようとすると、まず第一段階で12Mほどの製作費をとられます。さらに第二段階の強化で3Mかかり、親方に払う原価だけで15M、それプラス材料費が10Mかかるので、原価だけで25M(2500万)!
もし知り合いに造船士がいなければ、現地で誰かにお金を払って依頼することになるわけで、下手すると30M超えてしまいます。
こんな大金を船につぎ込める人がLv40台でいるのかどうか・・。

現地でVAIさんから部品とお金をもらって製作を開始したときも、万が一船倉の増減間違えたり、のこぎりや副官の職業最適化せずに造船したら取り返しがつかないので冷や汗がでました。造船でこんなに緊張したのは初めてかもしれません・・。

で、無事できあがった船がこちら

20070106.gif


くちばしみたいなのがすごいですな!とにかく横に長い船でして、いかにも速そう。倉庫もたくさんですし、どんな向かい風でもスイスイ進める交易船の誕生であります。

200701062.gif


内部はこんな感じで「樽だらけ」

ちなみにこの船、個人的に期待大の特性

「強化倉庫 (管理技術:8)」敵の収奪から積荷を守る。

というすごそうなものがついてます。これをつければ洋上で襲われても被害が少なくなりそうですね。都合のいいことに、マスリ周辺には海賊がたくさん出るので、ちと何回か襲ってもらって、性能はいかがなものか試してみたいところです。その前に管理技術を8までがんばらねば・・。
北欧名産ですから・・
視察のために育て始めたエウロスキャラもそこそこ成長し、とうとう商用ピンネースに乗れるまでになりました。

20070104.gif


縫製もランク7まで上がり、ここまでくればかなり順調にお金を稼げるようになる!と予想していたフランネル製作段階に入りました。

ただ、生来の天然ボケにより頭からぽっかり抜け落ちていたことは、フランネルって北欧名産なんですよね。オスロで作ってもぜんぜん儲からないし名声も入ってこない( ´△`)

今後の方針としては、もうしばらく交易をがんばってまずは交易Lvを28にして、それから海事Lvを16までがんばり、武器商人になって、造船上げカテ稼ぎとロンドバ交易に挑戦してみようかと思います。
謹賀新年
あけましておめでとうございます!

旧年中は皆様に大変お世話になりました。
振り返れば、紡績商としても投資家としてもたくさんの出来事を経験できた1年間でした。投資戦では、他のオンラインゲームでは体験できない高揚感や絶望感を味わい、自分の船で海を漂っている時は妙に恍惚としてしまったり、未だにマルセイユに降り立って、あの音楽が流れてくると言葉では言い表せないほど感動してしまったり、セビリアに降り立ってあの音楽を聴くと無性にやる気が出てしまったりと、なんだか一人で騒がしい私であります。
今後ともこのゲームをめいっぱい楽しんでいこうと思いますので、皆様どうか末永いお付き合いよろしくお願いします!

さて、前回、「メインキャラ」で縫製上げようかなどと書いていたら、商会員のドミノさんがブログにて・・

GW-00.gif


ひいいいごめんなさい(゚Д゚;)
ドミノさんは、コロコロ意見が変わる私にえらい不信感を抱いているようであります。
実際、何度も「冒険やりたい!冒険者になる!」と宣言してはそのまま転職せずにだらだら船大工で過ごしてきたような・・。
というわけで、できれば今週中に、ご依頼を頂いた船が全部お渡しできれば、船大工を廃業して冒険者になりたいと思います。まずは、やったことの無い地理学か宗教学あたりに手をつけてみたいところ・・。
Copyright © 2005 白銀のFrozen Nights. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。