白銀のFrozen Nights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資家インタビュー第二回目公開中
0710301.gif


投資家インタビュー第二回目の記事を公開しました!
今回はなんと4時間にもわたって様々なことに答えていただきまして、とても密度の濃い記事になっているのではと思います。

こちらからご覧いただくことができます。
スポンサーサイト
投資家インタビュー第一回目公開中!
ようやく第一回目の記事を公開することができました。
こちらか、右のリンク集にあります投資家インタビューの文字をクリックしていただけると特設サイトに飛びます。

さて、次回の投資家インタビューは、なんとあの有名な投資家のお二人にきていただけることになりそうです。今いろいろとインタビューしたい内容をまとめているところですので、皆様ご期待ください!

071027.gif


次回告知用の写真を撮影させていただきました。
インタビュー初日終了
先日、羊羹さんにお越しいただいて、リスボン酒場にてたくさんのお話を聞かせていただきました。
聞きたいことがたくさんありすぎて、いつの間にか対談中に深夜2時になろうとしていたので、一度切り上げて本日また残りの分をお願いすることになりましたが、しかしまぁ実際にお話をうかがうと、大航海時代の交易とはこういうものだったのか!と目からウロコが落ちることばかりであります。。
私も投資家としてがんばっている身ですから、お金を稼ぐという点においては多少自信があったのですが、今の大航海時代の交易で必要なものは、すでに確立された交易を繰り返す「忍耐力」だけなんだなぁと思ってしまいました。
羊羹さんががんばっておられた頃の交易というのは、物を売るための発想力と着眼点、そして新しい交易路に対する嗅覚やアイデア次第でいくらでも一攫千金を狙える、大航海時代にふさわしい開拓のゲームでした。
一度最適な交易方法が確立してしまえば、あとはそれをいかに洗練していくかに重点が置かれてしまうのは、交易の目的がお金稼ぎにある以上仕方のないことですが、KOEIも大々的なバージョンアップを行うならば、ちょっとはまた開拓精神が味わえるような交易の仕掛けなどを用意してくれればなぁと思う今日この頃であります。

できれば明日までにインタビュー内容をまとめて公開したいと思います。よかったら見に来てください!
がんばって製作中!
投資家インタビューの特設サイトが徐々に出来上がってきました。
最近は大航海時代よりもこっちのサイト作りにかかりっきりになってしまっているので、ベルベも織っていなければ造船もあまりやっておりません。そろそろ完成させて日常業務にもどりたいところ・・。

さて、このブログからもリンクを貼らせていただいておりますいすぱにあ通信発行所様でもかなり前から有名人のインタビュー企画をなさっていまして、前回はあの有名なセビリアの赤モラ商人さんに突撃インタビューされております。実に興味深い。
で、なんと昨日は、私にインタビュー依頼が!
というわけで、1時間ほどいろいろと思っていることをお話させていただきました。ちょうど私もインタビュー企画をするところでしたので、大変勉強になりました。今度の水曜日あたりに掲載されるそうであります。
投資家インタビュー企画
投資家としてプレイする目的というのは、言うまでもなく港を金で奪い取ることでありまして(場合によっては国益関係なく)、投資家にとっての交易というのは、武器であるところのお金をいかに効率よく短時間で大量に稼ぎ続けるかという手段の模索であります。
私も、単アカウントかつイスパニア国籍という条件で、どんな交易をしたら一番稼げるだろうかとずっと考えてまして、結局、表キャラで造船カテ稼ぎ&裏キャラで相場のいいときにベルベットという組み合わせが最良なのではないかとの結論に達したため、ずっとこの組み合わせで稼ぎ続けています。

さて、ここで気になるのが、他国の豪商の方たちは、どんな考えで、どんな方法で、どれほどのお金が稼げる交易をしているのか?ということであります。
私は、投資ランキングなんてものを作っていることからもご想像いただける通り、他人の稼ぎが気になって仕方がありませんwまた、その投資家の方たちが、どんな想いで投資家としての道を選ばれたのかとか、投資を続けることで実現したい国の形、各国の投資家集団の内情などなど、知りたいことは山ほどあります。

というわけで、実現できるかどうかはわかりませんが、各国の有名投資家の方たちにコンタクトを取って、私個人が知りたいことを直接インタビューするという企画を立ち上げることになりました。
「私が」知りたいことばかりインタビューする予定ですので、ブログをご覧になってくださる方々には関心の薄い質問も多いかとは思いますが、インタビュー対象の方は、お金を稼ぐことに関しては名うてのスペシャリストばかりの予定なので、商人の方にとっては興味深いことも聞けるのではと思っております。

で、第一回目のゲストですが、大航海時代黎明期から遊んでいる方なら知らぬ者はいない、当時圧倒的な投資力でNotosイングランドを常勝帝国に築き上げた名門ウェストミンスターの元商会長、羊羹マンさんこと「York=Anne=Mann」さんにお越しいただく予定になっております。
また後日、特設WEBサイトを作って告知させていただきますので、皆様乞うご期待!!(といいつつサイトまだ全然できてません)

0710201.gif


羊羹さんフランス国籍になっててちょっとびっくり。
ご当地名産品
次回大海戦の攻撃候補地

モンバサ
カサブランカ
マスリパタム
ヴェラクルス
サンフアン


前回のようなことが起こると、対象港がマスリパタムになることも十分考えられます!いかん、これはちょっと気合入れて海事訓練しておかねば・・。

今日は特にネタもないので、以前商会員のうどんハンター綸子さんに紹介してもらって、私もハマッてしまった香川の特産品をご紹介。
各国のイベント
音楽がすばらしいことで定評のある大航海時代onlineですが、私はゲームで使われている人物絵も大好きであります。
クルス拡張からちと絵師さんが変わってしまったようで残念ですが、それ以前のイベントキャラはどれもすごく気に入ってしまって、どんな方が絵師をやっているのだろうとネットを探索しまくった記憶があります(結局誰が描いているのかわからず)。
さて、その魅力的なキャラ達の中で、私が一番気に入っているのは・・・
マゼラン海峡
0710141.gif


日々激戦が繰り広げられているジェノヴァにちょこっと見物にいってきたのですが、ここもランキングリストがえらいことになっております(;´Д`)
次回の世界投資ランキング調査では、総額10G越えが当たり前の世界になってしまうのかも・・・。

おとといチュニスで造船をしていると、商会員のVAIさんが、冒険者レベル制限解除クエのひとつである「エル・パソ」を決行されるとのことで、綸子さんと一緒にくっつかせてもらうことにしました。

はじめての貝紫交易
地中海交易と言われて、私がぱっと思いつくのがバルパルやアドリア、ジェノカル交易であります。
これらの交易はともに利益がとても高くて有名だったのですが、かなり前に修正が入ってしまって、今では以前ほどの盛況さは感じられなくなってしまいました。
私も普段はインドでばかり活動しているので、地中海で儲けられるのは、今となってはせいぜい造船ロットぐらいなのではとタカをくくっていると・・。

0710121.gif


永遠におあずけなんだろうなと・・
現在の仕様ですと、男性キャラには「阿仙染サルン」という繊維取引が+1される便利な装備がありますので、女性キャラより男性キャラの方が最終的な繊維取引ランクが1高くなります。
この便利な装備をなんとか女性キャラにも実装してほしいと願いつつも、過去光栄が男女差のある装備に手を入れたためしがありませんので、結局はサービス終了までこのままなんだろうなぁと半ばあきらめの境地でおります。

私も男性キャラを持っていますので、フローズンと役割チェンジしてコレ↓をマスリパタムに派遣すればいいだけの話でしょうし、現に↓コレをこれからの縫製のメインキャラに据えようとみっちり修行させてマスリパタムに配置したことがあるのですが、なんとキャラチェンジしただけで、2年以上も織り続けて日常化していたベルベ織りが、ものすごい苦行になってしまったから驚きであります。

0710111.gif


クルス拡張で一番期待していたのは、何気にこの女性用繊維服の実装だったのですが、結局実装されなかったようで・・。このまま永遠に繊維R19になることはないんだろうなぁと思いながら、今日もベルベを織っております。
はじめての金交易
私は、カリブ交易全盛期には「めのう」交易、そして現在は「ベルベット」交易と、何か一つの交易路にしぼらないとやる気が起きない変な性格をしておりまして、それが災いして、他の交易はどんなものなのかほとんどわかっておりません。
しかし、他の商人の方の話を聞いていると、おいしい交易路は山ほどあるようで、個人的に気になっているのは以下3つの交易路です。

1.西インドと東アフリカを拠点とするポルトガル香料交易
2.チュニスで造船しているとたくさんの方がやっていてうらやましい貝紫交易
3.フランス、ヴェネツィア、そしてイスパニアの主力交易と噂の貴金属カテクエ交易

で、昨日はパオロさんから、3の金交易をやってみないかと声をかけていただきまして、丁度造船業も一区切りついたこともあって、ご一緒させていただくことになりました。

0710092.gif


水無し食料10交易についてはこちら

イス通編集長の猫鈴さんとも合流し、まずはバルセロナでマスケットと大砲をたくさん買い込み、セビリアでカテクエを受けてからリオに旅立ちます。

0710091.gif


パオロさんの情報では、現在リオの金の値段が78%ととても安く、さらにはバルセロナで金が120%近くで売れる絶好の相場だそうで、大金が手に入ることは間違いなく、心躍るばかりであります。

0710093.gif


リオについてみると、パオロさんの調査通りの絶好相場。すぐにマスケをふっかけ売りし、クエをクリアして船にモリモリ積んでいきます。
行きも帰りも船には食料10しか積んでませんので、あとは全部金金金(*´∇`*)

そのままバルセロナに直行し、相場を見てみるとこれまた実においしい相場となっております。

0710094.gif


0710095.gif


ふっかけMAXでこの利益。
行きにマスケとカテクエ、帰りに金とカテクエで、往復の利益は10Mを超えているものと思われます。この日はたまたま相場が絶好調だっただけで普段はこれほどの利益はでないだろうとは思いますが、やはり金交易というものは、たくさんの人が交易路として選んでいるだけのことはあると実感しました。また是非やりたいところですが、何気に貴金属スキル自体持っていないので、誰かについていかないと無理そうです( ´△`)

次回は、チュニスで造船している時によくお会いするおじゃるさんに、貝紫交易に連れて行ってもらいたいと思いますw
サンジョルジュ大投資戦
昨日はウルトラクイズの第二日目だったのですが、近所に洋風料理食べ放題という珍しい店があるとのことで、ウルトラクイズには間に合わないかな~と思いながらも食べに行ってしまいました。
予めサラダやスープ、パン、メインディッシュが一品出てきまして、それを食べ終えたらその後はなんでも食べ放題ということでしたが、そんな料理が出てくる前から私の目はもう隣の客が食べてるでっかいエビフライに釘付けであります。
ササッと一仕事終えて、ヘイウェイター!ハンバーグ&エビフライ!と元気よく注文し、店内をウロウロしていたパン配りお姉さんから焼きたてパンをいただきながら待っていると、知り合いいわく「ここのエビグラタンは絶品だ」。むむ、エビ尽くしになってしまうがいたし方あるまい。ここはグラタンもいってしまおうと、追加で注文。
まず運ばれてきたエビフライは、理想的な香ばしいカリカリエビフライで、口に運んだ瞬間にうまみが舌に染み渡る感動作でありました。ハンバーグもジューシーでおいしく、シェフのやり手ぶりに、この後のグラタンへの期待もふくらむ一方です。
で、小ぶりの貝殻のようなお皿に盛り付けて運ばれてきたエビグラタンですが、これが実においしい(T▽T)バターとチーズをふんだんに使ったことが容易にわかる乳製品独特の深いコクと、エビやマカロニの風味や食感が実にマッチしていまして、さすがに私愛用のニチレイの冷凍エビグラタンとは役者が違います。
この時点で知り合いもいろいろなメニューを頼んでいましたが、さらに追加でグラタンを頼んでしまいまして、案の定、店を出てから車の中で、胃を押さえてのたうちまわることになりました。

そんなこんなで大航海時代にログインしたのは夜10時頃。入るとすぐに「サンジョルジで大投資戦発生中」とのメッセージが流れました。サンジョルジュという街は貴金属の産出港でして、普段からイングランドとポルトガルの両国が本気モードで投資合戦を繰り広げているNotos屈指の激戦港です。
大投資戦終了まであと1時間もありませんが、これは絶対見逃せない投資戦でしたので、一目散にサンジョルジュへ向かいました。
現地へついたのが10時45分ごろ。旗はポルトガルになっています。
街の外はPKやPKKの人がすんごいたくさん出動してまして、イスパニアも海軍の方や、普段PK活動をしている方がかなり参加していました。私が到着したときには周りはイベリア陣営の軍人さんしかいなかったのでありがたい限り(*´∇`*)
で、早速戦況をチェックしてみると、ラスト1時間の投資でもポルトガルが若干優勢のまま進行しているようでした。

0710081.gif


残り1分の時点での投資状況です。
個人的に見所が2点ありまして、ひとつは、投資ランキングのランカーの投資額が異様に増えてること。もうすでに巷では、激戦港のランカーは5G(50億)オーバーが当たり前の世界になってるのかもしれませんな。
で、もう一点ですが・・・。

ヴェネツィアの投資額が0であります

深く考えるといろいろと怖くなってくるので、考えるのをやめました (((( ;゚Д゚)))
単にサンジョルジュに無関心なだけだったらいいのですが・・。
ウルトラクイズ初日
プテさん綸子さんが長らくプレイされていた「クロスゲート」が、とうとうサービス終了を迎えたそうで・・・。長く遊べば遊ぶほど別れの瞬間も悲しいものですな(ノД`)

最近、私がプレイしているサカつくオンラインにて、所属同盟(商会みたいなもの)20数名の中に、おなじNotosにて大航海時代をプレイされてる方が数名いたのに大変びっくりしました。サカつくも結構長い間遊んでいるのにも関わらず、つい最近まで気がつかなかった方がびっくりなのかもしれませんが、まあ、こうやって大航海時代で一緒に遊んでいた方と別のゲームで出会うというのも嬉しいものです。ただ、このサカつく、同じセガが運営していたド短命オンラインゲーム「DOCO」と同じ道を歩みつつあるといううわさも。早いうちに別れの瞬間がきたらどうしよう・・。

さて、昨日はロンドンにてウルトラクイズが開催されました。
私もたまたまヨーロッパに戻っていたので、参加させていただくべくロンドンの教会に向かいました。
現地に着いてみるとすでに第一問目のクイズが発表されていまして、○と思えば教会司祭台に向かって右側、×と思えば向かって左側というように着席する場所を決める仕組みになっていました。

0710061.gif


調べればすぐわかる問題でしたので、ほとんどの方が「○」の席である右側に着席されています。ご覧いただけばわかりますが、さすが伝統あるイベントだけあって参加者の数が半端ではありません。全部で何人いたんだろう(゚Д゚;)
この中から、第二次ポイントへ進めるのはたった15人だけということで、この後もサクサククイズが進んでいきます。私はこの次の次の問題で間違えてしまって、残念ながらリタイア。

0710062.gif


クイズに不正解となると、このように壁際へ移動して、あとは指を銜えてみているだけとなります。ううう、悔しい(#゚Д゚)
この後、人数が絞られて第二次ポイントのアムステルダムへと向かい、第一日目の終了となりました。今日は第二日目となりまして、敗者復活のクイズもとり行われるそうなので、またちょっと顔を出してみたいと思います。
モデルデビューヽ(●´ε`●)ノ
ちょっと前のことになりますが、エーゲ商会の皆様より「金色のファルダ」という、すんごいレア物の衣装をいただきまして、その際にミレーユさんのカタログモデルデビューまでさせていただけることになってしまいました!

0710051.gif


最近ミレさんをお見かけすると、新しいクルス衣装の撮影をなさっていることが多かったので、またカタログが充実していきそうですな!
私も衣装協力をさせていただきたいのですが、収奪ないし白兵弱いでどうにもならず・・( ´△`)
EUROSサーバーのシャンテリーさん
皆さんとっくの昔に忘れていることと思いますが、何気にわたくし、EUROSサーバーでもキャラを育成しております。
で、このキャラのことを最近まったくブログのネタにしていないのですが、実は、3ヶ月前からEUROSキャラでもベルベ織りと造船カテ稼ぎが軌道に乗ってまいりまして、ここらで工作室付の商大ガレオンを手に入れて本格生産に入ろうと思い、カリブで造船屋さんを探すことに。

0710041.gif


グランドケイマンへの人の出入りが激しいときは、街の中で造船屋さんをさがしてみたり

0710042.gif


あまり人がいないときは、外に出てシャウトや艦隊募集をかけたりして探しておりました。

が、3ヶ月経った現在まだ見つかっておりません!

EUROSで船作れる方、お助けください(ノД`)
勝手に宣伝
古参を自任するいすぱにゃんならば知らぬものは居ない、そう、あの「イスパニア通信」が帰ってまいりました!(正確には、私が知らないかっただけで、皆様はすでにご存知だった可能性大)

イスパニア通信が刊行されていた時期というのは、確か2年ぐらい前の夏、イスパニアがまだ話にならないぐらい弱小国家でありながらも、国民の鋭気と団結力は世界一を誇っていた、ある意味もっとも輝かしかった時期であります。

当時は2ちゃんねる掲示板「能登イスパニア」のスレッドにて盛んに意見交換が行われておりまして、下手するとNotosサーバーのスレッド、そして大航海時代online全体のスレッドすら凌駕するほど活発な意見交換が行われていました。
投資対象街や渉外に関する意見交換、相場情報の共有、大海戦での戦術議論、イベント宣伝などなど、そして目玉がこのイスパニア通信であります。
サイト内に、過去発行されていた記事がそのまま掲載されていましたので拝読させていただきましたが、なんというか、本当にイスパニアの事を考えて1号1号真剣に執筆されていたのだなぁと実感できること請け合いです。
編集長が恐ろしく勉強熱心で博識だったか、有能な記者がたくさんいたのか、おそらくその両方なのでしょうが、投資戦が起こるたびにその投資戦の意義から、街の歴史の紹介、おいしい交易品や交易方法、戦況などなど、どうやって調べたのか非常に詳しくかつ簡潔に記されています。
その他にも、イスパニア主力交易品の相場情報や、大航海時代にまつわる読み物などなど、盛りだくさんの内容で、今読んでも非常にためになる記事ばかりです。
私も当時はこのイスパニア通信を読んで、ああ、今Notosサーバーはこういう世界情勢になっているのかと勉強させていただいたものです。

復刊後の現在も、各種情報盛りだくさんな記事を発行されておられますので、ぜひ一度足を運んでみてください!
沈みすぎ(ノД`)
パオロ・マルディーニさんが密かにブログを開設されたとのことで、早速リンクに追加させていただきました。
カリビブ戦役からの古いお友達なのですが、現在はセビリアの大商会「イス通」の商会長としてがんばっておられます!
※追記:現在はイスパニア通信を執筆しておられた名物編集長が商会長に復帰なされているそうです。うう、ちょっとこちらにも商会員を分けていただきたい・・・( ´△`)

先週末から始まったソコトラ大海戦でありますが、今回は初めて3日間すべて野良艦隊に混ぜてもらっての参加となりました。

初日はNPC狩りのみの艦隊に入り、海戦エリアを漂いながら敵NPCをサクサク狩る事ができまして、なかなかの戦果をおさめることに成功。

0710022.gif


二日目はちょっと張り切って対人専用の艦隊に入れてもらうことに。
この日の艦隊の皆さんはえらい張り切っておりまして、激戦地がマスカットだと聞くや否や一目散にマスカットに向かいまして、周りの人がみなどこかの艦隊大会で見かけるような猛者ぞろいの真っ只中にヒャッハーー!と突入していきます。
敵影をみかけるやいなや、嬉々として飛びかかるエキサイティングな皆様。私もちとエキサイティングしてしまいまして、まあ沈む沈む。撃墜してやろうという気ばかりはやるものですから、後ろから敵が近づいていることなんて気がつきゃしません。場合によっては開始10秒足らずで沈められたことも・・・。二日目は無駄に戦果を献上してしまった感があります。

0710023.gif


さて最終日。この日は対人NPCなんでもOKの艦隊に混ぜていただきました。
最終日もマスカットが頭抜けて厳しい戦場になってまして、両軍の主力が真っ向から激突しています。序盤、中盤戦は順調に勝ち星を稼げたものの、終盤は敵主力艦隊と激突することが多く、この日もよく沈んでしまいました・・。

0710021.gif


0710024.gif


3日間通して振り返ると、どの日も組んでいただいた皆さんは大変海戦慣れしてまして、掛け声も修理外科も大変迅速で頼もしい限りでした。私は足を引っ張りまくりで恐縮するのみ( ´△`)
やはり、日ごろから模擬に入れてもらって修行するのみですな。
次回の大海戦では、もうちょっと上手く立ち回って勝利に貢献できたらいいなぁと思います。
ブログも復帰!
我等が奇行組合の、実に半数近くをその魔力のとりことし、ほぼ大航海時代引退寸前にまでに至らしめた比類なき麻薬ゲームモンスターハンターフロンティアオンライン
私も、このゲームのサービス開始から現在まで、大航海時代の課金がまったく頭に浮かばないほど熱中してしまいまして、ブログもベルベもほったらかしでモンスターばかり狩っておりました。

200710011.gif


しかしながら、数ヶ月前からゲーム自体に致命的な欠陥がみつかり、今現在も直る気配がないということで、しばらくこちらはお休みして、大航海時代に本格復帰することになりました。

復帰当日、早速商会メンバー一覧表を見てみると、これがまたすんごい過疎が進んでいたようで、プレイを続けていたのはなんとVAIさんお一人だけだったとか・・・。うう、一人で商会を支え続けてくれたわけですな(ノД`)
その後、商会長のプテさんも指輪物語から復帰され、一緒にモンスターハンターを遊んでいた綸子さんとミクさんも戻ってきてくれて、さらには私がモンスターハンターに行く前から行方不明だったルートさんも復帰!にぎやかな商会に戻ってうれしい限りです。

200710012.gif


さらにその後、クリームソーダさんも戻ってきてくれて、また、モンスターハンターでお世話になった遊月さんも期間限定ながら大航海時代に遊びに来てくれまして、休止前よりもにぎやかな商会になったような気がします。
実のところまだ拡張は様子見だったりするので、あまり目新しいことは書けないとは思いますが、また少しづつ日記を書いていきたいと思います。あと、ちょっとブログ上でやりたいことが見つかったので、その構想をじっくり練っているところであります。公開の目処が立ちましたら、またブログにて告知させていただきますので、皆様よかったら見てやってください!
Copyright © 2005 白銀のFrozen Nights. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。