白銀のFrozen Nights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペグー観光案内
現在の長距離交易の華といえば、やはり東南アジアの香辛料であります。
アンボイナで売られているナツメグとメース、そしてマカッサルで売られているグローブは、500~1000ドゥカートほどで購入できる安価な交易品でありながら、これをヨーロッパへ持ち込むと相場100%時で15000前後、相場のいいときにふっかけMAXで売ると20000ドゥカートオーバーで売却できる非常においしい交易品であります。
以前でしたらインドからヨーロッパへ戻るときの定番おみやげはサファイヤかルビーだったわけですが、お手軽さと利幅の大きさから、私も最近はずっと香辛料を買って帰ることにしております。
しかしながら、先週掲載された4gamerのインタビューで

「オセアニア地域に新しい街が追加され、珍しい宝石が出現します」

という情報が公開されまして、さらに

「本作の宝石といえば大金が稼げる代表的な産物ですので、あたらな交易路として・・」

と、これはもしかすると香辛料以上に稼げる交易品になるじゃないかという期待大なコメントが紹介されました。
となると、場合によっては宝石取引スキルを頑張って鍛えなければならないわけでして、そこで登場するのが大航海時代屈指の宝石産出港「ペグー」であります。
 



pgmap.gif


pgmap.gif


ペグーは、マスリパタムの東の方角に位置する、東南アジアの港であります。
この港はなんと宝石が4種類も産出される、宝石取引スキル上げの聖地でありまして、この街で宝石を積めるだけ積み、隣のカルカッタやマスリパタム、アチンに持っていくだけでかなりの利益になりますし、おまけにこれらの港がどこもご丁寧に「宝石耐性」のある港ですので、ペグーから持ってきた宝石をどれだけ投下したところで宝石が暴落することはなく、実に宝石取引スキル上げがやりやすいエリアとなっております。(ごくまれに自然暴落することはあります)

ちなみに、イスパ人宝石取引スキル5+4でのペグーの宝石購入量は

・真珠28個(1スキル上がるごとに3個増)
・ルビー37個(1スキル上がるごとに4個増)
・ひすい47個(1スキル上がるごとに5個増)
・べっこう52個(1スキル上がるごとに5個増)

となっております。
チャプター3実装に先駆けて、今のうちに宝石取引スキルをガシガシ鍛えておきましょう!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 白銀のFrozen Nights. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。