白銀のFrozen Nights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交易あれこれ
昨日はイングランドの投資攻勢がありまして、攻撃側防衛側あわせて10G(100億)ぐらいのお金が吹っ飛んだそうです。商人の稼ぎ出すお金が日に日に増加していて、今は1時間で5M(500万)の儲けがでる交易路も珍しくないそうで、昔に比べると投資家の貯蓄額や投資額がケタ違いになった印象があります。おそろしい(゜ー゜;)
というわけで、ちょっと昔を振り返って、当時どんなお金稼ぎが流行っていたか紹介したいと思います。


正式サービス前のβ時代は、なんと言っても地図から掘れる発掘品が高値で取引されてました。軍人さん御用達の銀鎧や金鎧、ドレスレシピがまだない為唯一のオシャレ装備だった貴婦人の服など、それぞれ数Mで取引されておりまして、当時は地図さえあれば同じ発掘品が100%で繰り返し入手できたため、複数アカウントで書庫に篭って、鎧や服の地図をたくさんもらって掘ってはバザーする発掘長者がたくさん生まれていました。
また、鋳造職人の作る大砲も高値で取引されてまして、当時はラピッドファイヤ10門やデミキャノン10門がスタンダードでして、それぞれ300K(30万)~150Kぐらいで売られていた覚えがあります。
バザーの規模も今とは比べ物にならないぐらい凄く、ロンドンは各ギルド~造船所前~交易店主前の細い通路~広場までぎっしりバザーする人で埋まっていて、リスボンも港~銀行前~各ギルド前の木下あたりまで、表示しきれないほど大人数でした。一方セビリアは、イスパニア人自体が極端に少なかったのもありますが、前記2大都市と比べるとバザーしている人が居ないに等しく、さびれていることから「サビレア」と嘲笑されることも度々・・(ノД`)

060611-1.gif


この頃は軍人さんもお金持ちが多かったです。その理由は、かの有名な「ストックホルム」での海事クエがめちゃくちゃ美味しかったからです(別名スットコ)。ストックホルムでクエを受け、港を出るとすぐ戦闘が始まり、戻ってきて報酬をもらって再度クエを受けて・・の繰り返しで、当時としては破格の時給1Mをもらうことができました。尚、このクエは早いうちに修正が入ってしまって、伝説を残したまま幕を閉じることになりました・・。

さて、2005年3月16日に正式サービスを迎えた大航海時代ですが、開始早々とんでもない交易路が見つかってしまいます。皆さんご存知ホルムズフランネル交易であります。
この交易は利益も去ることながら、得られる経験値が特に凄まじく、正式サービスからはや1週間程度で交易Lv50の上限に到達してしまう人が出現。さらにはこの交易路を発見した某商会員の方達によるホルムズへの桁違いの投資額SSが画像掲示板に貼り出され、その額が1億を越えていたことから全サーバーの航海者に衝撃をあたえまして、Notosサーバーは廃人の集まりであるという名を轟かせることになりましたwこの当時の1億は、今でいうと100億ぐらいのインパクトがあります。ちなみにこの商会はイングランドの名門商会でして、桁違いの財力を蓄えたイングランドは以降夏頃までポルトガルとイスパニアを軽く蹴散らし、磐石の態勢を築き上げることになります。
またこの交易路が発見されて以来紡績商に転職する人が増え、世界中紡績商だらけになりまして、皆ホルムズでフランネルを織ろうと頑張ってましたが、その人たちがフランネルを織れるようになる前に修正が入りまして泣く羽目になりました。はい、私もその1人です(ノД`)

この時、先駆者はすでにディヴの生糸を使ったベルベット交易を発見しておりまして(また↑の商会の方ですが)フランネルに早々見切りをつけ、フランネルよりはるかに儲かるベルベットの研究をしていたそうです。こちらは有名になる前に修正が入ってしまったほどなので、すごかったんだろうなぁと想像しています。

(次回へつづく)

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

ミレ | URL | 2006-06-12-Mon 13:41 [EDIT]
うわぁ…懐かしい!!
フランネルとか言ってた頃はまだホウキも持ってなくて
ひたすらニット織った儲けでバレンシアを発展させてた記憶があります(笑

フローズンナイツ | URL | 2006-06-12-Mon 17:13 [EDIT]
私は何やっていいのかわからず、一人で右往左往している間にフランネルフィーバーが終わってました;;
もうちょっと早くからがんばって、なんとかホルムズ上陸までたどり着きたかった!

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 白銀のFrozen Nights. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。