白銀のFrozen Nights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大福の運用
商会員の綸子どんから、ツイッターをやるのがよろしかろうとオススメをいただきまして、色々調べてみると、周りのお友達のツイッター利用率がかなり高い。
ならば!とばかりに、アカウントを登録して、PKに襲われたときなんかに「拿捕されて丸裸なう」とか呟いてみたわけですが、フォローやら@マークつけた返答方法とかなかなか難しくて、思うようにシステムが理解できません。
しばらくは、皆様が呟く文章を眺めて、勉強させていただきたいと思います(ノД`)

さて、最近まで能登を離れてボレアスで何をやっていたかというと、10月に実装された期待の超大型商船「大型福船」を5隻ならべたらすごく迫力がありそう!などという、実に子供っぽい理由から、5キャラ全員大福に乗せるため、個人的にすんごい苦手な海事修行を頑張っておりました。

201101102.jpg

20110109.jpg

で、めでたく乗船条件達成。

そもそもこの船、単体で1250超の交易品を積める上に、副官に樽廻船や商大ガレオンを乗せると、1キャラあたり2250ぐらいの荷物を積めてしまうため、運用次第によっては、現在の樽廻船+樽廻船構成で交易を行うよりも、いくらか優れた金策能力が手に入るのではと思っております。
ただ、現状ですと、交易品の2000個制限というのがありまして、1種類の交易品は最大でも2000個までしか積めないので、大型福船に交易品を満載させるためには、複数の交易品を積み込む必要があり、どういった交易品をどれだけ積めば、南蛮貿易がやりやすいか、工夫の要るところであります。

中国実装までは、台湾へも朝鮮へも行かず、ひたすら堺の狭織狙いでやっておりまして、樽&樽構成ならば現状で問題なかったのですが、大福&樽になりますと、これが一気に難易度アップでして、船倉満載+共有倉庫にいくらか貯蓄するという状態にもっていくのがちと厳しくなってくる・・・。
となると、持って行く交易品を、日本狙いから、南蛮相互の交換レートも考えた複合的な交易品に変更しなければならないわけでして、只今、ボレアスで同じ商会にいらっしゃる、東アジア通の豪商のお二人にアドバイスをいただく日々であります。

2月22日のアップデートでは、現在領地となっている港も、投資対象の街に変貌してしまう可能性もあるとのことで、また派手にお金を使うイベントが実装されないとも限りません。
今のうちに上げられるだけ金策能力を上げて、アップデートに備えたいと思います!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 白銀のFrozen Nights. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。