白銀のFrozen Nights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お金がいくらあっても足りないのでは・・(゚Д゚;)
4Gamerにて、大航海時代開発プロデューサーの新しいインタビュー記事が載っていたので、見に行ってきました。
内容としては、来月実装される「Tierra Americana(ティエラ・アメリカーナ)」の紹介記事だったわけですが、個人的に気になる箇所はやはりアントワープ・サントドミンゴの同盟港化であります。
特にアントワープは、現在イスパニアの領地でありながら、イスパニアのお庭であるところの地中海から遠く離れた場所にあるため、他の領地と比較すると利用する方がやや少ない印象がありますが、あの場所は、イングランドとネーデルランドから見れば超一等地であります。同盟港となれば、特にイングランドの超強力な投資家の皆様が放っておくはずはありません(゚Д゚;)
一方、我等がイスパニア商人にとりましても、アントワープは昔から唯一の北欧拠点として機能し、交易の幅を大いに広げてくれた貴重な港でありまして、大昔には、投資家がアントワープに集まり、発展を願う投資イベントなども開催されたこともあり、悲喜こもごも、実に愛着のある港ではないでしょうか。
というわけで、アントワープ同盟港化以降、イスパニアとイングランドでかなり激しい投資戦が行われることは必至ですので、お金が湯水のように消えていくことになると思いますが、今回のインタビュー記事でもありましたように、今後の大海戦では、軍人のみならず、商人も要塞を構築することで貢献ができるとかで、こっちでもお金が必要になりそうです。

最近は南蛮貿易の影響で、各自の銀行枠に満タンまでお金を貯めるってのは、おそらく一週間もあれば達成できてしまうぐらいお金が稼ぎやすくなっておりまして、投資戦の勝負を決めるのは、投資戦が始まって銀行枠が無くなってからの瞬発力&持続力勝負になっております。昔は持続力だけでなんとかなっていた部分もあったのですが、最近は気を抜くと相手の瞬発力がすごいだけに、一気に置いていかれますな・・。
Tierra Americanaまであと1ヶ月ちょっとの間に、どれぐらい金策能力を高められるか、試行錯誤をしながら頑張っていきたいとおもいます!

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

Natsu | URL | 2011-02-07-Mon 11:38 [EDIT]
南蛮交易で儲けたお金を練金という道楽に浪費している私にとっては、この記事の内容は実に耳の痛い話です><

フローズンナイツ | URL | 2011-02-10-Thu 19:01 [EDIT]
おお、なつさんお越しいただきましてありがとうございます!私も最近はほとんど道楽にのみお金使っている状況でして、船を新調したり、高価なドレスを買ってムホムホ言っておりますw
せっかく自分で稼いだお金なら、自分の好きなことに使うってのがゲームを一番楽しめることだと思いますし、私の一番好きなことってのがたまたま投資だっただけですので、投資に関しては、投資したい人に任せてしまうのが一番だと思います。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 白銀のFrozen Nights. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。