白銀のFrozen Nights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「値切り」と「ふっかけ」
商人の方にとっては今更言うまでもないことですが、現在の交易は「値切」と「ふっかけ」がとても重要な要素となっています(交易品を買うときに行うのが「値切」で、交易品を売却する時に行うのが「ふっかけ」です)。
値切とふっかけというのは、「会計スキル」を覚えると、交易所で商品を購入したり売却したりする時に使えるようになるものでして、これが成功すると、商品が安く買えたり、高く売れたりする便利でお得なスキルです。

060627-1.jpg





実際どれほどお得になるのかというと、現在会計スキルが5だとすると5%+3%=8%、会計スキルが10だとすると、10%+3%=13%のディスカウントとなりまして、要は会計ランク%+3%の値引きもしくは価格上乗せ売却が出来るというわけです。

値引きふっかけ成功時のお得率=会計スキルのランク%+3%

会計ランクが上がってくると、成功率自体も上がってきまして、より値引きふっかけが成功しやすくなります。私1人だけのログ集計結果なのであまり正確とはいえないですが、各会計ランクにおける値引きふっかけ成功率は以下の通りです。会計ランクはブースト分を含みません。

会R 値回数 成功 成功率 ふ回数 成功 成功率
01 124 63 50.81% 35 14 40.00%
02 1,255 731 58.25% 328 162 49.39%
03 2,242 1,239 55.26% 663 379 57.16%
04 2,640 1,492 56.52% 715 416 58.18%
05 6,986 4,322 61.87% 2,803 1,675 59.76%
06 6,918 4,331 62.60% 3,438 2,151 62.57%
07 1,344 920 68.45% 2,145 1,438 67.04%
08 3,983 2,814 70.65% 4,147 2,937 70.82%
09 2,209 1,501 67.95% 1,538 1,063 69.12%
10 3,112 2,228 71.59% 1,808 1,373 75.94%
11 1,094  824 75.32% 1,317  983 74.64%

この値切ふっかけは、成功すればポーカーのダブルアップのように上限30%までお得率を上積みしつづけることができますが、失敗すると一気に0%になります。
商人としては、いかに値切ふっかけを失敗せずに、上限30%までいけるかが勝負となりまして、ここで重要になってくるのが、「社交」と「街の影響度」です。
通常ですと、値切ふっかけは1回失敗するとそこで終わりなのですが、「社交スキル」を持っていると、失敗しても再挑戦することが出来るようになります。また、ランクが高ければ高いほど再挑戦できる確率も高くなり、より上限30%に到達できる可能性が増えるわけです。

<社交なしのログ>
ふっかけ交渉に成功しました!
ふっかけ交渉に失敗しました
これ以上の価格交渉は無理なようです

<社交が高い場合のログ>
ふっかけ交渉に成功しました!
ふっかけ交渉に失敗しました
ふっかけ交渉に失敗しました  ←再挑戦
ふっかけ交渉に成功しました!  ←再挑戦
ふっかけ交渉に成功しました!
この価格が譲歩できる限度のようです

また、街に対して自国がどれほどの影響度を持っているかによって値切ふっかけできる回数自体が決まってまして、どんなに社交や会計が高くても、決められた回数までしか行うことができません。

値引きふっかけ回数=自国の影響度(%)÷10+1回(小数点以下切捨て)

現在のマスリパタムは、イスパニアの影響度は48%ですので、48÷10+1=5.8となり、どんなに頑張っても合計5回までしか値切りふっかけができません。
一方、パルマやバルセロナなど、イスパニア領地となっている街は影響度が100%あるので、100÷10+1で、合計11回も値切ふっかけができる計算になります。

<マスリパタムでのログ>
ふっかけ交渉に成功しました!
ふっかけ交渉に失敗しました 
ふっかけ交渉に失敗しました
ふっかけ交渉に失敗しました
ふっかけ交渉に成功しました! ←5回で終わり
これ以上の価格交渉は無理なようです 

<パルマでのログ>
ふっかけ交渉に成功しました!
ふっかけ交渉に失敗しました 
ふっかけ交渉に失敗しました
ふっかけ交渉に成功しました!
ふっかけ交渉に失敗しました 
ふっかけ交渉に失敗しました
ふっかけ交渉に成功しました! 
ふっかけ交渉に失敗しました
ふっかけ交渉に失敗しました 
ふっかけ交渉に成功しました!
ふっかけ交渉に成功しました! ←11回までチャンスがある
この価格が譲歩できる限度のようです

30%というのは、利益が30%増しというのではなく、商品売却額の30%がそのまま利益に上乗せされるということですので、例えば10000の宝石を10000で売っても利益は0ですが、ここでふっかけ30%が決まると、13000で売れることになり、利益が3000つく計算になります。
この原理を応用したのが、今大流行の近距離交易でして、近場で商品を船いっぱい積み込んで、隣の港でそのまま売っても利益はほとんどつきませんが、ここでふっかけ30%をきめると相当な利益がつくことになります。バルセロナの火器や、ジェノヴァアドリアの交易品などは、単価が高額なため30%の威力が大きく、会計ランクと社交ランク、そして取引ランクが揃うと恐ろしい利益を生み出す交易となります。


どうも今回はよく整理して書かなかったのでわかりづらくなってしまいました。申し訳ありません。また機会があったら社交ランクの検証も加えて、きっちり整理して書きたいと思います。

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

Sir | URL | 2006-06-27-Tue 22:20 [EDIT]
とりあえず、会計と社交は商人には必須と・・・
社交はハナっから無いので無視するとしても・・・冒険者に会計って必要ですかね?w

フローズンナイツ | URL | 2006-06-28-Wed 15:23 [EDIT]
交易品の値段見るのにとても便利なので、できればあったほうがいいと思います!宝石とか掘り出したときに、価値がわからないと恐くて売れず・・・。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 白銀のFrozen Nights. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。