白銀のFrozen Nights
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調整する理由
060724-1.gif


※ぎゃー「タマタブ」が「タマダブ」になってしまってますが、見逃してください

現段階だと、オスロにて西仏vs英蘭伊になる可能性が高そうですね。
場所が場所だけに、かなり白熱した大海戦になりそうです・・。

ここ数日、マスリパタムに修行にこられる紡績商の方が多く、久々に活気を取り戻していてうれしい限りです。以前なら相場変動が30分毎になることすら稀だったものが、なんと相場変動15分を記録した時間帯もあって、交易所店主も大わらわといった感じです。
さて、そこで必要になってくるのが「暴落調整」であります。

マスリで暴落調整なんてことを聞くと、あれ?マスリパタムは織物売ってるから、ベルベとかたくさん売っても暴落することはないので無用なのでは?と疑問に思われる方も多いと思います。実際、マスリパタムは織物を扱っているので、どんなにガツガツ織物を投下しようともめったに織物暴落にはなりません。ひと月に1回ぐらい自然発生する程度でしょうか。
しかしながら、生糸の取引が多くなって相場変動が30分間隔になってくると、「繊維暴騰」というやっかいな現象が現れるようになります。これがまた想像以上に暴騰しやすい;;
多くの人が生糸を扱っていればいるほど繊維暴騰も起こりやすいようで、人が多い時間てのはだいたい相場がいい時間ですから、そんなときに生糸が値上がりすれば紡績商は悲鳴を上げて泣くしかありません。

マスリパタムには工芸品がないので、現地で生産できるししゅう糸や高級衣料(実は両方とも工芸品)をたくさん作って投下すると、工芸品が暴落して、その間は繊維暴騰することなく安全に織り続けることができます。たまに私も、相場がよさそうな時にはししゅう糸準備して投下することがありますが、それには上記のような理由があるわけであります。
最近は暴落調整してくれる職人さんも増えてきて、良相場をピンポイントで狙って火器や工芸品などを落としてくれる方もたくさんいます。調整は大変なので、無理に参加しようとする必要はまったくありませんが、調整職人さんには感謝して織りたいところです(-∧-)ありがたや

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 白銀のFrozen Nights. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。